ペットフード100選

ペットフード100選

ベンガル猫 キャットフード

【PS4】食いしん坊でお腹の弱い猫のキャットフード(ドライ)について…「ア...

投稿日:

【PS4】食いしん坊でお腹の弱い猫のキャットフード(ドライ)について…「ア...

食いしん坊でお腹の弱い猫のキャットフード(ドライ)について…「ア...

食いしん坊でお腹の弱い猫のキャットフード(ドライ)について…「アニモンダ」「セレンゲッティ」「ナチュラルバランス」で迷っています。 ご覧頂きありがとうございます。
我が家のベンガル(♂・去勢済・4歳半)のフード(ドライ)選びで迷っています。
我が家の猫はかなり食いしん坊の上にお腹が弱く、なかなか相性の良いフードを見つけられずにいます。
獣医さんで飼い始めの頃に何回か検査もし、軟便が病気によるものでないことは分かっていますがフードで改善出来るものならばしてあげたいと思い、現在までに
「ロイヤルカナン(センシティブ)」→「ベッツプラン(メールケア)」→「メディファス(成猫用)」→「フリントリバーランチ」をジプシーしました。が、いずれのフードでもお腹の調子は変わらず…。
私がドライフードを選ぶ条件は
◯人間が食べられるレベルの素材で作られている
◯副産物を使用していない
◯消化の良いフード
◯泌尿器疾患の予防に配慮している
◯35kg?4kgで5000円程度
なのですが、この条件に当てはまる3種類のフードで迷っています。
現在候補に挙がっているのは
「アニモンダ ラフィーネ ドライ」
「ナチュラルバランス CATウルトラプレミアムキャットフード 」
「ティンバーウルフ CAT セレンゲッティ」
なのですが、説明等を読んでもいずれもとても良質なフードのようで決めかねております。
今後のフード選びの参考にもさせて頂きたいと思いますので、
特に実際に利用されている方、あげたことあるよ?という方から色々ご意見を頂けると嬉しいです、よろしくお願い致します。

アンサー

こんにちは。
うちの猫(♀1歳8ヶ月)もお腹が弱く、以前は下痢と軟便が止まらずフード選びに苦労しました。
うちもティンパーウルフ以外は試した事があります。
あくまでうちの猫の場合ですが
「アニモンダ ラフィーネクロス」:便はかなり柔らかめ。でも臭いは弱く、消化不良という感じではありませんでした。
良い悪いではなく、ヨーロッパ産のフードは総じて便が柔らかくなる傾向にあると聞きますので、許容範囲だったのかも知れません。
またこのフードは一般食(総合栄養食でない)なので、与える場合はウェットなどと併用する必要があります。
「ナチュラルバランス ウルトラプレミアム」:便の状態は良好。
が、このフードを与えて尿結石になったor悪化したという話を度々見聞きしますので、敏感な猫ちゃんは用心した方が良いかも知れません。
猫は本来肉食のため、momiji8594さんが仰るように穀物、
特にとうもろこし消化が苦手な子が多いと聞きます。
うちの猫もとうもろこし(コーン)がダメですが、大麦や米などは大丈夫でした。
なので、まずティンパーウルフを試してみて、原因が穀物かどうかを確認してみては如何でしょう?
これで軟便が治ったら、更に「特定の穀物を含まないフード」を試して、原因となる穀物の種類を特定される事をお勧めします。
と言うのは、全ての穀物がダメ!…だと与えられるフードが非常に限られてしまうからです。ティンパーウルフだけではどの穀物が合わないのか、或いは全ての穀物がダメなのか、そこまでは判りません。
とうもろこしだけがダメ、麦類がダメ、などと判明すれば、選択肢はぐっと広がります。
与えられるフードは数種類は見つけておいた方が何かと安心ですしね。
ロイヤルカナンセンシティブ、ベッツプラン、メディファス、フリントリバーランチ。
これらに共通する穀物原料はとうもろこしですよね。
なので、次の段階として
とうもろこしのみ不使用かつ他の穀物(小麦、大麦、米など)使用のフードを試してみては如何でしょうか。
(該当するフードはナチュラルバランス、イノーバなど結構あります)
これで軟便が治らないなら、次は小麦不使用のもの、次は大麦、米…
と、順次、消去法で試していけば、原因となる穀物が特定出来ると思います。
フードは高ければ良いというものでもないし、プレミアムなら安心とも限りませんが
安価なフードはどうしてもとうもろこし含有量が多くなります。
(うちの場合、スーパーやホームセンターで安く買えるフードの範囲では、価格と下痢のひどさは正しく反比例していました)
ちなみに今まで試した中で、最も理想的な良い便をしたフードは
「ナチュラルチョイス コンプリートケア」と「イノーバRF」あたりです。
1日に5回も6回もしぶきが飛ぶような悪臭の下痢をしていた猫とは思えない位、よく固まった便になります(固ければ良いというものでもありませんが)。
現在はイノーバRF、ソリッドゴールド(S.G.Jの製品)、アーテミス、オーガニクス インドア(C&P)などでローテしています。
脂肪分の少ないイノーバRFは便が固め、脂肪分の多いアーテミスは若干柔らかめになります。
(ナチュラルチョイスの方はビートパルプとコーングルテンの加工・処理工程に不安があるので現在は与えていません)
少しでも安くて合う物を、と探してきましたが、結果的に、どれも1kg1500~1800円以上になってしまいました(汗)。
フードの切り替え時には腸内環境が変化するため、時間をかけても軟便気味になる事がありますが、ビオフェルミンが良く効きます。粉末が使い易くて便利です。
またどんなに合うフードでも食べ過ぎると即、下痢しますので、量にも充分気をつけています。
まとまりの無い文章で長くなって恐縮ですが、少しでもご参考になれば幸いです。
一日も早く合うフードが見つかると良いですね。
◆こんにちは、ティンバーウルフ以外は試したことがあります。
でも軟便などの症状はないので感想などは
あまり参考にならないですね(^^;スミマセン。
ロイカナセンシティブもフリントリバーもダメとは。。。
デリケートな猫さんなんですね~、うーむ。
3種のフードの中ではティンバーウルフだけが
穀物不使用を謳っていますよね。
穀物の消化が苦手な猫さんは多いです。
ティンバーウルフで軟便が解決されるようなら
原因は穀物である可能性が高いでしょう。
原因を探るという意味で試す価値があるかな、と思います。
ただ、穀物不使用だとたんぱく質が高めになりがちですよね?
これは腎臓や肝臓に負担を与えることになりやすいので、
常食にするには諸刃の剣かな、と個人的には思います。
私だったらまずティンバーウルフを試して原因を探るかな?
穀物が原因と判ったら、ティンバーウルフを与えつつ、
たんぱく質の量的バランスをとる為に何らかの措置を考えるとか。
ティンバーウルフでもダメなら、
ヨーグルトやイーストが腸内環境にプラスになることを期待してアニモンダ、
。。。かな?
ただし、アニモンダはアニモンダウェットと併用することが推奨されているようです。
肉はウェットから、植物由来の栄養素はドライからより多くとり入れましょう、
というのがコンセプトみたいですよ。
ご参考になれば幸いです(^^)
◆愛猫のベンガル5ヶ月♂もお腹が弱く、
里子から2ヶ月間@試行錯誤中です。
先住猫もいますので、フリントリバーオンリーなんですが
腸内環境を整えようと、毎日手作りヨーグルトを
大さじ1程/1・2回を与えてます。
ビオフェルミンも、体調みてトッピングですね^^;
最近やっと形になりましたが、未だ酸味臭いです。
以前 ブリーダーさんに軟便で問い合わせたら、
チビですがキトン用はダメだったらしく、
ニュートロ・コンプリートアダルト・チキンなら
大丈夫で与えてたそうです。
候補のフードも与えた事ないですし、
参考にもなりませんよね~>< ゴメン下さい ◆食いしん坊さん、いわゆるネコ食いさせてませんか? 何時でも食べられるようにゴハンを出しっぱなしにしておくとすい臓が原因でお腹が弱くなるそうです。 家も年中のピーピーで困ったこともありましたが、 ①時間を決めてゴハンにする。 ②ドライ(尿路結石があるのでPhコントロールですが)の保管を1ヶ月目安で使い切る・油が回らないように小分けにし冷暗所で保管する ③状況に応じて人間用ビオフェルミンの粉(錠剤を砕いてでも)をまぶす で対応しています。実は獣医さんの指示もあっての話ですが・・・ 食べるのであればプレーンヨーグルトでも良いそうです。 間違ってもセイロガンはダメだそうです。 ◆◯35kg?4kgで5000円程度 こんな高いのは食べさせたことが無いです。 猫にも好き嫌いがあるし、ドライだけでも飽きると思いますよ。 他に缶詰などもあげているんでしょうか。 人間と同じようにお腹を冷やさないように、 お水はぬるめにしたり、ドライと缶詰をブレンドしたり・・・ これは我が家のやりかたです。


質問タグ:アニモンダ ラフィーネ,セレンゲッティ,フード,何回か検査,ナチュラルバランス,ティンバーウルフ,momiji8594

【ビックリ】アメリカンショートヘア♂(9ヶ月)とロシアンブルー♀(2ヶ月)の食...

アメリカンショートヘア♂(9ヶ月)とロシアンブルー♀(2ヶ月)の食...

アメリカンショートヘア♂(9ヶ月)とロシアンブルー♀(2ヶ月)の食事について。 食事の与え方と量に悩んでいます。
現在は、先住猫(アメショ)に与えてから、子猫(ロシアン)に与えています。
・先住猫・・・朝昼で缶詰を一缶と夜にカリカリ25g位。運動たっぷりしていますが、ややお腹がタプタプ。
・子猫・・・朝昼夕で缶詰一缶と夜にカリカリ20g位。まだ、あばらが触れる。
お皿も別にし、子猫用と成猫用で変えているのですが、いつの間にか、お互い交換して食べてしまっています。
先住猫の肥満や、子猫の栄養が足りているのか心配です。
どのように与えたら良いのか、食事の量などのアドバイスをお願いします。

アンサー

体重を測って、カロリー計算して与えてあげてください。
・一年未満の子猫の場合は体重×100~200kcal(欲しがるなら越えてもOK)
・1歳以上の大人は体重×70~80kcal(大人しいコや室内飼いは70kcalでOK)
を目安に一日に数回に分けて与えているなら大丈夫です。
(25gが何kcalになるのか商品によるのでこう書かせて頂きました)
どちらの猫も今はまだ発育期なのでダイエットの必要は全くありません。
むしろ、筋肉や内臓などの体の組織や強い骨格と歯の形成のためにも
高カロリーの子猫用フードをあげてください。
(子猫は成猫よりも3倍のカロリーを必要とします)
アメショちゃんは大型猫種なので成長のためにも
まだまだ子猫用を与えてOKですよ。食事も3回でかまいません。
ロシアンちゃんは幼すぎて消化機能はまだまだ未熟なので
一度にたくさんの量が食べられないと思います。
痩せているなら不足しているので今より回数を増やす必要があるかも。
栄養に関してはキャットフードを与えているのなら問題ないです。
「総合栄養食」と表示されているものは猫の主食になるもので
「これと水さえ与えていれば、健康に育つことができる」という意味になります。
(「一般食」とあればおやつ的なものだと思って正解です)
あと、猫は種類によっ体型や性格の特徴が違います。
アメショは穏やかですが活発な大型種(骨格が大きく筋肉質)で
後ろ足の付け根あたりの「たぷたぷ」がたまらない魅力と評判です。
ロシアンも穏やかですが静かでしなやかな細身の猫なので
上品というかエレガントなカンジが人気だったりします。
という具合なので、今のロシアンちゃんと2ヶ月の頃のアメショちゃんを
比較してもアメショちゃんの方が大きく太っていても正解なのです。
2匹とも大人になればもっと体型に差が出て分かりやすいかと思います。
種別の標準体重を知っておくと便利かもしれませんね。
長々と失礼いたしました。
◆こんにちは、我家は大人猫2頭ですが、
諸事情によりそれぞれ違う種類のフードを与えています。
1頭が食いしん坊で目を話すと相棒の残した分も食べてしまうので、
食事中はずっと見張ってますよ(^^;、食べ終わったらすぐに片付けます。
めんどくさいですがそれが一番確実です。
もしくは食事は別々の部屋で与えるとか。
先住猫さんですが、肥満かどうかわからないと何とも言えないなあ。
食事の量自体はさほど多いとは思えないです。
フードの種類や猫さんの体重にもよりますが、おおむね適性かと。
1度病院で見てもらってはいかがですか?
お腹タプタプだから必ず肥満、というわけでもないです。
猫の場合、もともと下腹の皮膚はたるみやすいそうですし。
子猫さんはまだ月齢が低く成長期なので、
食べたいだけ食べさせても問題ないですし、
成猫用のフードを多少食べてしまうくらいは大丈夫です。
ただ健康管理の面からすると、何を食べているのか把握しておくほうが望ましいし、
子猫と言う事を考慮しても、今はきちんと子猫用のフードを食べてもらうようにした方がいいですね。
ご参考になれば幸いです(^^)
◆うちも子猫と成猫がご飯チェンジしていたせいで、成猫が太ってしまいました。(見ていない時にチェンジするんですよね・・・)
ワクチン接種の際、獣医さんに適正体重を教えてもらい、1年以上地道にダイエットに励んでいます。
ドライフードですが、オールステージ(全年齢対応)フードにすれば、成猫が急激に太ることは無いと思います。全年齢対応のフードは、イノーバ、ナチュラルバランス、アズミラ、グリーンフィッシュ、ヤラーなど。色々あるので調べてみてください。


質問タグ:ロシアン,アメショー,子猫,先住猫,タプタプ,成猫,カロリー

【問】ドッグフード【ケーナイン・プラス】と似ているドッグフードを教えて...

ドッグフード【ケーナイン・プラス】と似ているドッグフードを教えて...

ドッグフード【ケーナイン・プラス】と似ているドッグフードを教えてください。 日本での販売中止となってしまったドッグフード【ケーナイン・プラス】ですが
特徴が似ているドックフードを教えてください!
新しいフードに切り替えてから、愛犬の体調が優れません。
脂漏症を発祥したり、便秘になったりしています。

アンサー

ホリスティックレセピーアダルト チキン&ライスはどうですか???
成分的には、タンパク質と粗脂肪が少しケーナインより低いですが
原材料は似ていますよ。
うちのチワワも大好きです。
成分分析表
タンパク質 - 2500%以上、粗脂肪 - 1500%以上、粗繊維 - 450%以下、粗灰分 - 900%以下、分 - 1000%以下、カルシウム - 100%以上、リン - 080%以上、オメガ3脂肪酸 - 030%、オメガ6脂肪酸 - 230%、ユッカシリゲラ - 500PPM、代謝カロリー - 3550kcal/kg
原材料
チキンミール、醸造米、玄米、精白玉麦、チキン脂肪(ミックストコフェロール〈ビタミンEの源)で保存)、クエン酸、ローズマリーエキス、天然香味料、トマト粗、細粒ビートパルプ、醸造酵母、胡麻油、亜麻仁、塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化コリン、ユッカエキス、グルコミン塩酸塩、Lアスコルビン酸塩酸塩(ビタミンCの源)、緑茶、鮫軟骨(グルコミンと硫酸コンドロイチンの源)、ミネラル類(硫酸亜鉛、アミノ酸キレート化亜鉛、硫酸鉄、硫酸銅、アミノ酸キレート化銅、亜セレン酸ナトリウム、酸化マンガン、アミノ酸キレート化マンガン、ヨウ素塩酸カルシウム)、ビタミン類(ビタミンA酢酸塩、ビタミンD3増補剤、ビタミンE増補剤、ナイアシン、パントテン酸、チアミン硝酸塩、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン増補剤、メナジオン亜硫酸水素ナトリウム〈ビタミンKの源)、葉酸、ビチオン、ビタミンB12増補剤)


質問タグ:ドッグフード,ケーナイン・プラス,ビタミンE,脂漏性,アミノ酸キレート化,ビタミンA酢酸塩,ビタミンK

-ベンガル猫 キャットフード
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ペットフード100選 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.